道路・歩道の切り下げ工事とは

家の新築に際して車庫を作りたいが道に段差があって車を乗り入れることができない・・・・
リフォームして車庫の位置をかえたいと思ったら歩道があって乗り上げができない・・・
こんなときは道路管理者に申請して自費工事で道路を切り下げることができます。
ただし、県・市ごとに決まり事がありますので注意してください。

よく鉄板やブロックなどで段差を埋めているご家庭も見受けられますが、 それが原因で事故を起こしてしまった場合、設置した人へ責任が問われる可能性もあります。
初期投資に多少のお金は掛かりますが、多大な慰謝料を支払うよりは良いと思われます。
公共物である道路(歩道)を工事するのですが、あくまでも自費工事(施主が費用を負担)となります。
また、自費で作ったものですが、完成後は道路管理者へ引き継がれます。

工事の流れ

1. 工事施工業者へ見積もり依頼→業者の決定
2. 道路管理者との打ち合わせ、承認、申請書提出
3. 工事施工
4. 完成
道路管理者との打ち合わせ、承認、申請書提出は書面上では施主が行うことになっていますが、 通常では業者を決定してから、すべて代理で行う場合がほとんどです。
(たとえば友和建設にご依頼いただいた場合は、弊社にて対応いたします。)
注意が必要な点は
"公共の場所の工事だからといって自治体(市や県)に連絡しても、工事をしてくれない"
点です。
このような工事を行う場合は、施主が業者を見つけるところから始めなければなりません。

道路管理者の承認

道路の切下げ工事を行う場合、道路管理者の承認を受けなければ工事をすることは出来ません。
この承認を受けるには審査基準があるため、各県・市・町などに問い合わせをする必要があります。
(通常弊社にて対応します。)
道路切り下げ工事については以上です。
何かあればお問い合わせください。